ビジネスローンとは?


ビジネスローン比較講座


We propose the optimal home for you.
メインイメージ

ビジネスローンとは?

事業目的に利用できるローン

ビジネスローンとは個人事業主を含めた事業者が事業目的に利用する資金を調達するために利用するローン商品のことです。資金繰りの悪化や取引のために一定の現金が必要となった際に利用することで経営状況の安定化や事業の発展に役立てることができます。

とくに中小企業・個人事業主は自己資金に乏しいため、ピンチを乗り切るためだけでなくチャンスを活かすためにもビジネスローンをどれだけ上手く活用できるかが経営を軌道に乗せる上で大きなポイントとなってきます。

メリット・デメリットを把握しておこう

そんなビジネスローンにはメリット・デメリットの両方が備わっています。利用を検討する際には必ず両方をしっかり把握し、自分にとって相応しい選択肢なのかどうかを十分に検討した上で判断することが求められるのです。

まずメリットとして真っ先に挙げられるのが無担保で第三者の保証人が必要ないこと。事業資金として活用できるローンは他にもありますが、通常のローンでは担保が必要となります。万一返済不能に陥った時に担保で回収するためです。ビジネスローンではこの担保を用意する必要がないため、資産に乏しい中小企業や個人事業主でも手軽に利用できるわけです。

保証人に関しては企業の場合は法人格で融資を受ける形となるため代表者が連帯保証人になる必要がありますが、それ以外、会社の外部から保証人を用意する必要はありません。また個人事業主は本人が融資を受ける形となるので保証人は不要です。この点からも中小企業・個人事業主にとって利用しやすいローンと言えるわけです。

ただしこうしたメリットは一方でデメリットの要因ともなります。借りやすい一方、リスク回避のため金利が高めに設定されているからです。資金繰りに困った際にはどうしても借りやすいローンに手を出してしまいがちですが、返済の見込みがあるのかどうかをしっかりと判断したうえで決める必要があります。また後述しますが、無担保、保証人が必要ない一方、審査が通りにくいという面もあります。

審査は各金融機関によって異なる

担保を必要としないなど借りる側にとって良い条件で融資を行う以上、審査は入念に行われます。経営状況や事業歴などがチェックされ、きちんと返済できる状況なのかどうかを吟味されたうえで融資が可能かどうかが決定されるのです。債務超過はもちろん、経営が悪化して傾きかけている場合や、操業して間もない場合には審査に落ちてしまうケースも少なくありません。

ただこの審査に関しては各金融機関によって基準や傾向が異なっており、審査が厳しいところと甘いところが見られます。全般的な傾向として大手よりも中小の金融機関のほうが審査が通りやすい傾向も見られます。ですから1度申し込んで断られた場合には規模や経営状況が異なるタイプの金融機関に改めて申し込むのがオススメです。1度ダメだったからといってうちの会社はビジネスローンを利用できない、と思い込まないようにしましょう。

そのほか納税をしっかり行っていることも大前提。また節税しすぎて利益が少なくなってしまっている企業は審査に不利になるといった点も考慮しておきたいところです。

申し込みタイミングや用途もよく考えて

審査に関しては申し込むタイミングも大事です。経営が傾く前に、黒字が維持できている段階で申し込んだ方が審査が通りやすいですし、金利や融資限度額の面で有利な環境で利用できます。どうしても資金繰りが厳しくなってギリギリの状況で利用を検討する傾向が見られますが、まだ深刻な状況に陥る前に申し込むのが賢い活用方法です。また当座の資金繰りの穴埋めだけでなく、大きなビジネスのための資金調達、あるいは事業拡大といった積極的な目的で活用できるのもビジネスローンのおおきなメリットですから、広い視野に立ったうえで活用を検討することがビジネスローンを最大限に活かす上での鍵となるでしょう。

法人カードローン

ページトップへ戻る
Copyright(C) ビジネスローン比較講座 All Rights Reserved.